スポンサーリンク

未分類

未分類, 音楽

昨日のクインテットで演奏してみました。
なかなか手応えあり。
Walk, Don’t Run


ベンチャーズで有名なWalk, Don’t Run。曲名そのままいただきました。
急がばまわれ感出てる感じ、かな。
ピアノのバッキングは適当。これにプレイヤーのアイディアが入るのでもっとカッコよくなります。
フォームはA(8)-A(8)-B(16)-A(8)の40小節

ベンチャーズ版

これがオリジナルと思いきや

もともとはギタリストJohnny Smithの曲でこっちを知っちゃうとこっちの方がカッコいい。

 
3月29日「くう」
菅原昇司クインテット
伊藤元直(テナーサックス)
中島弘惠(ピアノ)
豊田健(ベース)
宇野修(ドラム)

次回このクインテットは
5月9日(月)「くう」 start 20:00
です。
よろしくお願いします。

未分類

なかなか寝起きの悪い夢。

何故かソロアンサンブルコンテストにエントリー(トロンボーンとピアノ)してて、その前日は仲間と泊まりの旅行。
コンテスト当日は本番に間に合うように余裕をもって行動してたはずが、道中色々あったらしく(もう忘れた)気付いたらギリギリの時間に。仲間の車で家まで送ってもらってから会場に入る予定でしたが、これまた色々あって(覚えてない)単独で戻ることに。
どっか遠くに旅行行ったと思うんですがとりあえず札幌の大通りまでは帰ってこれました。

私の順番はソロの部13時開始の4番目(無駄に設定細かい)。
大体出番は13時15分くらいですかね。
仲間と別れて大通りを出発したのが13時!
この時点でアウト。
「いや〜これから本番さ。後15分で。」と私
「お〜がんばれよ笑。」「まにあうのか笑。」と仲間。

直接会場入りも考えましたが楽器を持ってない。やはり家に戻らないと。
この時に主催者に「遅れます」や「棄権します」という連絡するという考えは無かったです。

そもそも伴奏してくれるピアノの人を頼んでなかったということに気付き、どうでもよくなった後、目が覚めました。

コンテストの前日に遊びに行くのはアウト。
よしんば行ったとしてギリギリになるまで遊ぶのはアウト。
本番開始までに着けばいいや、って思ってる時点でアウト。
遅れそうなら主催者に連絡、って思いつかなかったのはアウト。
伴奏者をお願いしなかったのはアウト。
そもそも自分がコンテストにエントリーしてるのがアウト。
設定の細かさはセーフ。

何の暗示かわからないけど引き締めていきます。

未分類

3月29日(火)「くう」 start 20:00
菅原昇司クインテット
伊藤元直(テナーサックス)
中島弘惠(ピアノ)
豊田健(ベース)
宇野修(ドラム)

予約2,300円(1ドリンク付き) 当日500円増し

テナーとトロンボーンの相性の良さが好きで続けているバンド。
私のオリジナルや伊藤さんのオリジナルも取り入れて演奏しています。

未分類

なんとなく滞っていたスケジュールを更新しました。

本年もよろしくお願いします。

書く時は書く!!!

  プロフィール  PR:無料HP  北播ドライビングスクール  アニメ 専門学校  BWI Group  スタッドレスタイヤ 格安  タイヤ 12インチ  プログラミング 専門学校  danmoto マフラー  翡翠  八千代 リフォーム  小学校教諭 通信  タイヤ 持ち込み 八幡市  名簿販売